Skip to main content
電力供給のイノベーション
メジャーツーリングカー選手権で世界初のハイブリッドシステム導入へ ソリューションを見る お問い合わせ

60年の伝統にイノベーション

60年の伝統にイノベーション

2022年のイギリスツーリング選手権(BTCC)では、ツーリングカーのメジャーレースとしては世界初となる、ハイブリッドシステムの導入が予定されています。ハイブリッド化により、状況に応じて電力を活用して内燃エンジン(ICE)のパフォーマンスを引き上げることができるようになります。この「戦術的パワーアップ」の課題を受けて、Delta Motorsport社は、Cosworth Electronics社の支援のもとに、超軽量かつ高性能なバッテリパックの設計に臨みました。

Customer challenge

技術的な課題

Compact and lightweight

小型かつ軽量な部品の選択

Reliable

信頼性

Fast transient response

高速な過渡応答

48Vを供給する小型電源

48Vを供給する小型電源

リチウムイオンベースの新しい48Vバッテリパックには、革新的なインテリジェント電力管理機能や、高電力密度のDC-DCコンバータ、制御システムが搭載され、インバータ/モータシステムへ電力を供給するとともに、システム側から回生電力を回収します。また、高電力密度のコンバータにより、車両のすべての電子回路やデバイスへ給電します。バッテリに高い電力密度と高度な電力管理機能を組み込んだことで、オルタネータが不要となり、軽量化に加えて、性能と信頼性の向上が実現しました。

Vicorの利点

Vicorの利点

高電力密度

高電力密度

Modular

モジュール型

Reliable

信頼性

The solution

この新しいDC-DCコンバータ電源システムには、ChiP型パッケージの電源モジュールであるVicorのDCM3623 絶縁型DC-DCコンバータが4つ搭載されており、バッテリパックの電圧を13.8Vに安定化して最大92Aを供給できます。電源モジュールは小型・薄型であり、バッテリセル間に設けられる微細な穴をあけた冷却プレートに直接熱結合させて組み込むことができるため、電力を制限することなく小型化ができます。Vicorの電源モジュールは、バッテリパックの初期テストで優れた性能を発揮し、定格出力を下げる必要性はなく、電圧が低下することもありませんでした。Delta Motorsport社は、バックアップ用電源にもVicorの電源モジュールを採用しています。バッテリパックの電子回路は、60W出力で小型 PI3105 絶縁型DC-DCコンバータにより給電されるため、安全システムは車両の電源から切り離されても移動をつづけます。

 

電力供給ネットワーク (PDN)

Power Delivery Network for Delta Motorsports
DCM DC-DC converter

DCM3623T75H17C2T00 DC-DCコンバータ

入力電圧: 48V (36 – 75V)

出力電圧: 15V (9.0 – 16.5V)

出力電力: 最大320W

38.72 x 22.8 x 7.21mm

PI3105 DC-DC converter

PI3105-00-HVIZ DC-DCコンバータ

入力電圧: 48V (36 – 75V)

出力電圧: 12V (9.6 – 13.2V)

出力電流: 最大5A

16.5 x 22.0 x 6.31mm

関連製品

Family of BCM bus converter modules

PRM 昇降圧レギュレータ

入力電圧: 36 – 75V

出力電圧: 5 – 55V

出力電力: 最大600W

変換効率: 最大97%

PI31xx DC-DC converters

PRM 昇降圧レギュレータ

入力電圧: 48V (36 – 75V)

出力電圧: 48V (5 – 55V)

出力電流: 最大600W

変換効率: 最大97%

Buck-boost regulators

ZVS 昇降圧レギュレータ

入力電圧: 8 – 60V

出力電圧: 10 – 54V

出力電流: 最大200W(連続)

変換効率: 98%以上

ZVS buck regulators

ZVS 昇降圧レギュレータ

入力電圧: 8 – 60V

出力電圧: 10 – 54V

出力電流: 最大200W(連続)

変換効率: 98%以上

DragonFly case study